Leadership Insights / 高橋 俊介
高橋 俊介  Shunsuke Takahashi
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授



1978年東京大学工学部航空学科を卒業し日本国有鉄道に入社。 1984年米国プリンストン大学工学部修士課程を終了し、マッキンゼーアンドカンパニ-に入社。東京オフィスのコンサルタントとして、顧客の大手日本企業の事業戦略策定や組織設計に従事。 1989年に世界有数の人事組織コンサルティング会社である米国のワイアットカンパニーの日本法人ワイアット株式会社(現ワトソンワイアット株式会社)に入社。 1993年に同社代表取締役社長に就任。主に大手日本企業、ベンチャー企業や外資系企業の人材ビジョンの策定、成果主義人事制度や自由と自己責任に基づく人材育成施策の企画、導入に携わる。 1997年7月社長を退任、個人事務所を通じて、コンサルティング活動や講演活動を行う。2000年5月慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授に就任。 個人事務所による活動に加えて、藤沢キャンパスのキャリアリソースラボラトリーを拠点とした個人主導のキャリア開発についての研究に従事。2011年11月より現職。

キーフレーズで考えるシリーズ、今回取り上げるテーマはネットワーク形成についてです。言うまでもなく個人のキャリアは自分の力だけで作ることはできません。自分のキャリアや人生を振り返るとネットワークや自分を取り巻く人たちとの関係が如何に重要であるか皆さんも実感されることでしょう。クランボルツ教授の曰く「よい偶然が沢山起こる人と起こらない人がいて、その違いは日ごろの行いにある」のです。では、私たちはどうしたらよいのでしょうか?
 
今回はキャリア形成についていくつかのキーフレーズで考えていきます。「新しい環境には適応すれど同化せず」「キャリアは目標ではなく習慣で作られる」「辺境の仕事・辺境の組織がキャリアを強くする」「好きなことと向いていることは違う」「二番目に得意なことを仕事にする」以上、5つのキーフレーズはそれぞれご自身のキャリア形成を振り返るきっかけになる示唆に富むものばかりです。皆様もご自身のキャリアについてあらためて考えてみてはいかがでしょうか。
 
誰しも普段仕事や生活に埋没している中で、時々来し方行く末を考えるときがあります。そんな時、このままで良いのだろうかといったあいまいな問題意識に、鮮明な気づきを与えてくれるような一言の存在は重要です。今回は、筆者が行ってきた多くのキャリアやワークライフに関するインタビューなどの、様々な調査の中からピックアップしたキーフレーズをいくつかご紹介します。今回はワークライフをテーマに取り上げていますが、それぞれのトピックについて考えてみましょう。
 
日本人のグローバル環境でのリーダーシップ開発のニーズが高まっています。グローバル化は今に始まったことではありませんが、ローカル人材のリーダー育成や、非日本人リーダーのグローバル育成といった取り組みが続けられてきた中で、一時は日本人はグローバルリーダーに不向きではないかというあきらめの声さえ聞こえていました。しかし現実問題、日本人のグローバルリーダーシップ開発は切羽詰った状況にあるのです。それはなぜなのでしょうか。また、何故日本人はグローバルリーダーに不向きだといわれてしまうのでしょうか。それを解く鍵は日本人の働き方の特殊性にあったのです。
 

新入社員を孤立させるな

(2008年04月10日)
皆さんの職場に新入社員はやってきましたか?昨今、若手社員に関しては、うつや成長不全、3年以内で退職してしまうなど、大きな課題と言われているものが幾つかあります。筆者の所属するキャリアリソースラボラトリーでは過去に色々な調査や議論を重ねてきましたが、この問題には様々な環境の変化が関係しており、現在の環境は”社会性格差”が広がりやすいのだと筆者は言います。このような問題を解決していくためには、若手社員を孤立させずに職場内のコミュニケーションへ巻き込む工夫が必要になりそうです。この問題をまずは背景から考えていきましょう。