アーリーワーニング

アーリーワーニング(早期警戒)とは、コンペティティブ インテリジェンスにおいて、競合企業や市場の動向、新規技術や顧客の志向の動きなどについて、いち早く変化の兆候を察知し、実際の経営判断に役立てて企業が陥りそうな危機を回避するためのシステムのことを指す。競合の新製品が爆発的に売れて自社製品の市場…続きを読む

イシューアナリシス

イシューとは、企業の経営に影響を与えるような検討すべき課題を指す。 イシューアナリシスは、イシューを構造的に分析する手法を指す。具体的には、メインとなるイシューを要素分解してサブイシューとし、そのサブイシューをさらに要素分解していく。このブレイクダウンプロセスを、個々のサブイシューに対して正…続きを読む

インストラクショナルデザイン

インストラクショナルデザインとは、効果的、効率的な教育プログラムを開発するための、企画、設計、実施、評価に亘る包括的な方法論を指す。歴史的には第二次大戦時のアメリカにおいて、短期間に大量の新兵を複雑な行動が出来るよう訓練する手法として誕生したのが起源であり、その後経済学、教育工学、システム工学…続きを読む

インターベンション

インターベンションの原義は「間に入ること」、「介入すること」であるが、組織開発の文脈においては、組織に対して行う様々な実行施策を指す。インターベンションは、必ずしもそれが解決策になるかどうかは分からないものの、解決につながる可能性がある施策という意味で使われる。一方ソリューションは、実際に問題…続きを読む

インテリジェンス

インテリジェンスとは、必要であれば情報を分析し、複数の情報からその意味合いが分析され、組織としてのアクションにつながるレベルまで纏め上げられた情報のことを指す。 情報活動の理論では、日々行き交う知識を…続きを読む

インテリジェンス サイクル

インテリジェンス サイクルとは、コンペティティブ インテリジェンスを実行するための基本プロセスのことを指す。 そのプロセスは、ニーズを把握し、キーインテリジェンストピック(KIT)を明確にして企画を立案、情報を収集し、分析してインテリジェンスに生成し、使用出来る形で意思決定者に伝達する。そし…続きを読む

ウェイ

組織開発論における「ウェイ」とは、その企業の生い立ちや創業理念、過去の成功体験&失敗体験等がベースとなって形成された自社らしさ(流儀、スタイル、遺伝子、イズムなど)を意味し、「経営理念」、「社是・社訓」、「行動指針」、「信条」、「ミッション」などの形で言語化(形式知化)される。ウェイは、その企…続きを読む

ウェイ・マネジメント

組織開発論における「ウェイ」とは、その企業の生い立ちや創業理念、過去の成功体験&失敗体験等がベースとなって形成された自社らしさ(流儀、スタイル、遺伝子、イズムなど)を意味し、「経営理念」、「社是・社訓」、「行動指針」、「信条」、「ミッション」などの形で言語化(形式知化)される。ウェイは、その企…続きを読む

エニアグラム

エニアグラムとは、ギリシャ語で「9の図」という意味の幾何学図形であり、この図形をシンボルとして発展した性格タイプ論とされている。人間を9つの基本的な性格に分類し、それぞれの性格の働きを描いた“こころの地図”とも称される。心理学やカウンセリング、ビジネス、教育などの分野において取り入れられている…続きを読む

エンゲージメント

エンゲージメントとは、人が組織や仕事に対して抱く心情的な愛着心(「俺はこの会社が好きだ!」、「私はこの仕事が好き!」)あるいは貢献意欲(「会社の発展のために頑張るぞ!」)に基づく、単なる帰属関係を超えた人と組織の深い結びつきを表す。エンゲージメントの根底には、…続きを読む

演繹法

演繹法とは、大前提を、個別の事例(小前提)に適用して、必然的な結論を導く論法である。例えば、すべての人は死ぬという大前提に対して、ソクラテスは人であるという小前提が成り立つ場合、ソクラテスはいつか死ぬという結論が導き出される。いわゆる三段論法。大前提とは、一般的に多くの人に認められた主張をいい…続きを読む

価値システム

マイケル・E・ポーターは、自社が関わる大きな活動群中に自社のバリューチェーンは潜んでいるとしている。この大きな活動群全体を価値システムと呼んでいる。価値システムは、バリューチェーン同様、M.E.ポーターが提唱した概念で、1985年に発表した著作「競争優位の戦略」中で紹介されている。 サプライ…続きを読む

学習する組織

学習する組織、組織の構成員に自主的な学習を促し、その成果を組織全体で共有することにより、高い競争力を実現する組織のこと。従来の権威主義的な組織(「管理する組織」)に対する対概念として置かれる組織モデルの一つ。資源依存型経営戦略理論の一つの潮流でもある。管理する組織が、『効率』を指向しているのに…続きを読む

仮説思考

仮説思考とは、何か物事に取り組む際に、その時点で考えられる仮の結論を置いて考える思考法のこと。事実を積み重ねて、網羅的に考えるよりも、先に仮説を立てて、それを検証することからスタートする思考法のことで、その仮説を立証する為に何をすればいいか情報を集めて検証し、立証出来ないようであれば新たに…続きを読む

カリスマ的リーダーシップ理論

カリスマ的リーダーシップ理論とは、1970年代後半から広がってきたリーダーシップ理論の潮流の1つ。アメリカ経済が停滞化する中で、競争環境は激変し、既成のルールのもとで、ルーティン通りに部下をマネジメントすればよかった時代から、将来のビジョンを描く資質がリーダーに求められる時代になって出てきたの…続きを読む

キーインテリジェンストピック

キーインテリジェンストピックとは、競合情報分析を行うにあたって最初に設定すべき課題設定のことを指す。インテリジェンスを活用する意思決定者のニーズを明確にすることでもある。代表的なキーインテリジェンストピックには、1)今後の経営戦略意思決定に必要な情報 2)アーリーワーニング(早期警戒)3)競合…続きを読む

期待理論

期待理論とは、1964年にブルーム(V.Vroom)によって提唱されたモチベーション理論の1つ。人間がどうやって動機付けられるのかという「動機づけの過程」に注目し、人間の行動は、「どこまでやればよいかの限界値が明確で、どうすればよいのか戦略が必要充分であり、達成した目標の成果が魅力的であれば、…続きを読む

帰納法

帰納法とは、多くの事実の間にある共通の本質を求めるものであり、複数の事例から、普遍的な原則を導き出す論法を指す。 例えば、Aさんは死んだ、Bさんは死んだ、Cさんは死んだ・・・という複数の事実から、人間は死ぬべき存在だろう。という原則を導き出す。ただし、全ての事例は事実でなくてはならない。一つ…続きを読む