Leadership Stories / セイコーエプソン株式会社 研究開発本部 副本部長 鈴木隆史氏
セイコーエプソン株式会社 研究開発本部 副本部長
鈴木 隆史氏
理論や理屈抜きに、日本が世界の中でリーダーシップを発揮していくためには、「技術」が核となっていくということを我々は信じています。それは「人づくり」があってこそ実現できるものであり、研究開発部門の組織・人財開発の重要性がこれまで以上に重要な役割を担ってくるであろうということから、研究開発リーダーに焦点を当て研究開発組織に特有のリーダーシップについて掘り下げてみることに致しました。

suzuki01.jpg第一弾として、セイコーエプソンで次世代の研究開発をリードされておられる鈴木隆史氏にお話を伺いました。鈴木氏の考える研究開発に求められるリーダーシップで最も重要なものは「求心力」。開発効率を上げるために管理をしっかり行うこととメンバーの創造性を発揮させる状況作りを両立させるためにはリーダーの求心力がとても重要になってくるのだそうです。では、鈴木隆史氏はご自身の求心力を発揮するために日常的にどのようなことをなさっているのでしょうか。