Leadership Stories
テトラフォース・パートナーズL.L.P パートナー
杉浦 元氏
今回リーダーシップストーリーにご登場いただくのはベンチャー企業のご支援を行っていらっしゃるテトラフォース・パートナーズの杉浦元氏です。ベンチャー企業の支援というとベンチャーキャピタルを想像される方が多いと思いますが、杉浦さんは、実際に創業社長の方と一緒に立ち上げるところから上場までハンズオンでベンチャーのご支援をされていらっしゃいます。

sugiura01.jpg魅力的な社長とその熱い想いに出会うことが何より楽しいとおっしゃる杉浦元氏がこのお仕事を始められたのは、ご自身が学生時代に起業したご経験がきっかけになっているそうです。ご自身のお仕事についてはもちろん、そのご経験から成功するベンチャー企業の社長に求められるリーダーシップなどについても詳しくお伺いしました。
 
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
事業企画本部 能力開発部 統括部長
早川 勝夫氏
営業組織の改革はとても難しいというお話はよく伺います。今回リーダーシップストーリーにご登場いただく早川勝夫氏は、営業部門の生産性向上に取り組み結果を出されてきた方です。ご自身も営業マネージャーのご経験があり、そのご経験からコーチングプログラムを自ら作成され実施されたそうです。

hayakawa01.jpg人間は簡単には変わらないという前提のもと、徹底してコーチングに取り組んでもらう仕組みを考えたとおっしゃる早川勝夫氏がこれから取り組みたいことは企業教育の活性化です。営業から教育に移られた際に最初に思われたのは「何でゴールがないの?」ということ。どうやったらその現状を変えられるのかというアドバイスもたくさん頂きました。
 
東亞合成株式会社 執行役員
新事業企画推進部 部長
栗山 晃氏
今回ご登場いただく研究開発リーダーは東亞合成株式会社で執行役員をなさっている栗山晃氏です。栗山さんは研究所長だったころから研究所の変革に取り組んでいらっしゃったそうです。変わって欲しいと口をすっぱくしても研究員の方々の変化はなかなか起こりませんでした。そのため、栗山さんは研究員同士のコミュニケーションをスムーズにしたりと、様々な工夫をなさっています。

kuriyamai01.jpg研究開発のリーダーに求められるリーダーシップで栗山さんがもっとも重要だと考えるのは「夢」を他の人と共感できる人であること。企業の人材育成とは企業の活動を通じて人間を育てることであるとの持論をお持ちの栗山晃氏ですが、一方で人は育てられるものではなく自ら育つものであるともおっしゃいます。
 
オムロン株式会社 特別顧問
明致 親吾氏
オムロン株式会社は「企業は社会の公器である」という企業理念が有名ですが、2005年前後に創業から続いてきた企業理念を見直す活動が行われました。今回のリーダーシップインサイトではその活動を率い、あらためて企業理念の浸透に努められた明致親吾氏にお話を伺いました。企業理念の浸透は、様々な会社で重要な課題に挙がるテーマではないのでしょうか。

akechi01.jpgオムロンには国内外問わずM&Aを行った会社が多くあり、明致氏はそのような会社への理念浸透の重要性をPMIの成功という観点から強調されています。グローバル企業の組織開発にも参考になる点が多くあり、また、理念の浸透を通じて、自律的な人材育成の一助にもなるというのは大きなポイントです。その活動の実際はどのように行われていたのか、是非ご一読ください。
 
セイコーエプソン株式会社 研究開発本部 副本部長
鈴木 隆史氏
理論や理屈抜きに、日本が世界の中でリーダーシップを発揮していくためには、「技術」が核となっていくということを我々は信じています。それは「人づくり」があってこそ実現できるものであり、研究開発部門の組織・人財開発の重要性がこれまで以上に重要な役割を担ってくるであろうということから、研究開発リーダーに焦点を当て研究開発組織に特有のリーダーシップについて掘り下げてみることに致しました。

suzuki01.jpg第一弾として、セイコーエプソンで次世代の研究開発をリードされておられる鈴木隆史氏にお話を伺いました。鈴木氏の考える研究開発に求められるリーダーシップで最も重要なものは「求心力」。開発効率を上げるために管理をしっかり行うこととメンバーの創造性を発揮させる状況作りを両立させるためにはリーダーの求心力がとても重要になってくるのだそうです。では、鈴木隆史氏はご自身の求心力を発揮するために日常的にどのようなことをなさっているのでしょうか。