Leadership Stories
株式会社林原 人事・能力開発グループ
チーフディレクター
釼持 彰宏氏
独自性のあるヒット商品を生み出す企業として今、もっとも注目されている企業の一社である林原の名前は皆さんも一度は耳にされたことはあるのではないでしょうか。今回のリーダーシップストーリーでは、林原で人事を担当されていらっしゃる釼持彰宏氏に、組織風土や人事の観点から、なぜそのような成果を生み出せているのか、その秘密に迫るお話を伺いました。さまざまな要因はありそうですが、釼持氏がその根幹となるものとして挙げていらっしゃるのは「長期的に取り組むことのできる組織風土」です。

kenmotsu01.jpg長期的に取り組むというと、研究開発部門のみで行われていることに思えてしまいがちですが、林原では全社にわたって組織風土として根付いているのだと釼持氏は熱く語ってくださいました。特に驚いたのは、営業部門においても長期的な取り組みが評価されるように人事評価が連動しているということです。さらに、独自性のある発想ができるよう社員に様々な刺激を与えるための仕組みも色々なものが採り入れられています。また、独特の人事考課や採用での取り組みについても詳しくお伺いしました。
 
株式会社リクルート北関東マーケティング 事業部長
野村陽一氏
今回リーダーシップストーリーにご登場いただくのは株式会社リクルート北関東マーケティングの野村陽一氏です。リクルートといえば“営業力”のイメージが強いですが、野村氏は住宅事業の営業部門で活躍されてこられた方です。そこで今回は営業部門のリーダーシップについて詳しくお伺いいたしました。

nomura01.jpgご自身がマネージャーに昇進した際に上司から言われた「部下は上司を選べない」という一言がとても印象に残っているとおっしゃる野村氏は、まさに熱い営業リーダーでした。やる気のない人間は育てられないとはおっしゃるものの、やる気を持たせるための工夫などにも力を入れていらっしゃるようです。リーダーとして何が必要か、また、リーダーとしてどう振舞うべきかなどについても詳しくお伺いしました。
 
旭化成イーマテリアルズ株式会社 執行役員
外村 正一郎氏
今回リーダーシップストーリーにご登場いただく旭化成イーマテリアルズ株式会社外村正一郎氏は旭化成の研究開発センター長などを務めてこられた方です。基本的には研究開発部門のご経歴が長い方なのですが、営業部門のリーダーを務められたご経験もお持ちです。

tonomura03.jpg研究開発リーダーにとって最も重要なことは、メンバーにビジョンをしっかりと正しく伝えることだと外村氏はおっしゃいます。そして、ビジョンを理解してもらえたら、その後はメンバーに権限を委譲して、任せることが非常に大切であるともおっしゃっていました。また、営業部門と研究開発部門のリーダーの役割の違いや相手の考えを正しく理解するコミュニケーションの難しさなどについても詳しくお話いただきました。
 
JSR株式会社 常勤監査役
別所 信夫氏
今やデジタル家電などに欠かすことのできない液晶商品ですが、その開発の影には多くの部品メーカーの活躍があります。今回リーダーシップストーリーズにご登場いただくJSR株式会社の別所信夫氏は液晶材料事業の立ち上げに大きく貢献されたお一人です。

bessyo01.jpgJSR株式会社では一度初期の液晶材料開発での失敗があったものの、別所氏は今後の注力分野として液晶事業ははずすことができないと提言され、ご自身が研究開発のリーダーとなって進められました。研究開発は対外競争力の最大の担い手であり、研究開発が好ましい世界を作るのだということを世の中に示したいという強い思いが別所信夫氏の活動の原動力となっています。
 
NIコンサルティング株式会社 代表取締役
長尾 一洋氏
今回のリーダーシップストーリーでは、営業力強化のご支援をされていらっしゃるNIコンサルティングの長尾一洋氏にご登場いただきます。数多くの営業組織をご覧になっていらっしゃるご経験をもとに、結果を出せる営業組織のリーダーに共通するポイントについてお伺いしました。

nagao02.jpgこれまでは現場に任せる太っ腹なリーダーが良いというイメージがありましたが、これからはリーダーこそ現場の情報をデイリーに把握しておくべきである、また、数字だけでは今の時代には人をリードできないとおっしゃる長尾一洋氏はご自身でも全社員の日報に必ず目を通され、コメントされています。ナレッジマネジメントのツールを導入してもうまく活用できないとお悩みの方にとっても参考になるお話をしてくださいました。