Leadership Stories
中央大学大学院戦略経営研究科 客員教授
楠田 祐氏
楠田氏と弊社高井による対談の第二回では、“イノベーション”をテーマに議論が繰り広げられました。研究開発者の方はどうしても技術だけを考えて売れる、勝てる、ということを考えがちですが、それだけではなく、その技術とセットでどうやったら新しい文化を創造できるのかが競争優位性を高めるために、これからは重要になってくるのです。
 
中央大学大学院戦略経営研究科 客員教授
楠田 祐氏
中央大学大学院客員教授で日本企業の人事を知り尽くした楠田佑氏と弊社高井による対談がこの度実現しました。楠田氏は何年にもわたり、年間500社に及ぶ人事部門へのヒアリングを行っており、日本企業の人事を知り尽くした方です。高井との対談では、日本企業の人材開発の課題から、日本のこれからに至るまで、幅広く話題が展開されます。第一回の今回は、日本企業のグローバリゼーションについて掘り下げていきます。
 
COMBI HOLDINGS LIMITED
Executive Vice President & COO 河西 省氏
ベビー用品を購入されたご経験のある方でコンビの名前を知らない方はいらっしゃらないのではないかと思います。今回リーダーシップストーリーにご登場いただく河西省氏は、コンビのグローバル事業を育てて来られた方です。

既に中華圏でのご経験が30年になる河西省氏がリーダーとして重要だと考えているのは、チームを作って育て、そして任せる事。人を見極めて任せるというスタイルを続けていらっしゃるうちに大哥(=タイコウ=兄貴の意味)と呼ばれるようになったそうです。また、コンビ社では経営幹部に外国人を多く採用されており、様々な国を超えてチームとなるための秘訣についてもお伺いしました。
 
会社経営者・音楽プロデューサー
中野 雄氏
今回リーダーシップストーリーにご登場いただく中野雄氏は、日本開発銀行、ケンウッドの代表取締役などビジネスの世界を経て、現在は音楽プロデューサーとしても活躍されています。また、政治学者としてご高名な丸山眞男氏に師事し、丸山氏に関する著書も手掛けるなど様々なお顔をお持ちの方です。

ビジネスの世界や音楽業界など、様々なご経験をお持ちの中野氏がお考えになるリーダー論で重要なのは、“生来の資質”です。自分が一番適しているタイプは何かを見極めることが重要になるとおっしゃいます。また、リーダーとして活躍する人へのメッセージとして、課題発見能力や独習能力の重要性などについても詳しくご説明頂きました。
 
合同会社西友 執行役員
人財部 シニアヴァイスプレジデント
大宮 裕子氏
最近の気になるCMや低価格の商品の品揃えで注目の高い西友ですが、現在さまざまな改革を進めていらっしゃいます。今回のリーダーシップストーリーでは、改革の一翼を担う人財部のリーダーとして活躍されている大宮裕子氏にお話を伺いました。大宮さんはこれまで様々な会社で情報システム部門やマーケティング部門でのリーダーを務めてこられた方です。

omiya06.jpg「人の力を信じている」とおっしゃる大宮裕子氏の担当する人財部は、その改革でどのような役割を果たしているのでしょうか。西友は、皆さんもご存知かと思いますが、アソシエイトと呼ばれるパートタイマーの方たちが店頭での接客の大半を担う業態です。いかにアソシエイトの方々のモチベーションを上げ、変革意識を持ってもらえるかが非常に重要になってきます。