Leadership Stories / オムロン株式会社 特別顧問 明致親吾氏
オムロン株式会社 特別顧問
明致 親吾氏
オムロン株式会社は「企業は社会の公器である」という企業理念が有名ですが、2005年前後に創業から続いてきた企業理念を見直す活動が行われました。今回のリーダーシップインサイトではその活動を率い、あらためて企業理念の浸透に努められた明致親吾氏にお話を伺いました。企業理念の浸透は、様々な会社で重要な課題に挙がるテーマではないのでしょうか。

akechi01.jpgオムロンには国内外問わずM&Aを行った会社が多くあり、明致氏はそのような会社への理念浸透の重要性をPMIの成功という観点から強調されています。グローバル企業の組織開発にも参考になる点が多くあり、また、理念の浸透を通じて、自律的な人材育成の一助にもなるというのは大きなポイントです。その活動の実際はどのように行われていたのか、是非ご一読ください。