Leadership Insights / リーダーシップ リテラシー
前回のコラムでは、顕在化した問題を特定する方法について解説しました。今回は、課題の特定、潜在的問題の特定にフォーカスし、その方法についてご紹介いたします。最初の問いを設定しなおすことで、ツリーの構成要素の述語が微妙に変わってきます。それによってチャレンジすべき課題を明らかにしたり、将来の潜在的な問題を浮き彫りにすることが出来るようになります。筆者は戦略構築のワークショップやアクションラーニングの仕事を通じて、このようなアプローチの重要性が高まっていると感じており、イシュー・アナリシスを常に行って現状に満足せずに課題を発見していくことが日本のビジネス・リーダーに求められているのだと言います。激しい環境変化と企業間競争に対応していくためには、顕在化した問題だけではなく、潜在的な問題を浮き彫りにすることで、将来の問題・課題に備えていかなければならないのです。
 
先日仮説検証型のイシュー・アナリシスについての解説したコラムをご紹介いたしましたが、多くの方よりご好評を頂きました。そこで今回はその続編として問題・課題発見型のイシュー・アナリシスについてご紹介いたします。このコラムでは、高い視点からの問題発見やまだ顕在化していない問題の早期発見をどのように行うかについて解説していきます。“問題解決”というテーマはビジネス書や研修などでも多く取り上げられるテーマですが、問題解決で最も重要であり難しいのは、問題や課題を発見することなのです。自立/自律型人材の重要性が叫ばれて久しいですが、問題・課題発見能力はその重要な要件なのです。
 
前回掲載致しましたパート1では、命題を論理的に分解する作業のポイントについて具体的な事例を元に解説しました。今回は、引き続き同じ事例を用いて、検討すべき論点は何であるかを明らかにしていくステップを詳しく解説していきます。是非皆さんもご自身の業務に適用してみてください。
 
社内で改善提案や変革の提言を行う、あるいは新規事業を提案するようなときに、自分の主張内容を論理的に組み立てる方法論として、イシュー・アナリシスと呼ばれる方法があります。「あなたは●●すべきである」という命題を、論理的に分解する作業を通じて、その命題にYesかNoかの判断を下すとすれば、何を検討したらよいのか、「論点=イシュー」を明らかにする道具です。筆者はかつてコンサルティング会社で働いていた時に、その方法論に出会い、主張を納得してもらうために、根拠を漏れなく揃える上で、非常に役に立つ手法であると感じているのですが、この手法をきちんと解説したビジネス本はなかなか見当たりません。そこで今回は、戦略仮説のイシュー・アナリシスのやり方を解説しながら、筆者の持つノウハウを読者の皆さまにお伝えしていきたいと思います。