Leadership Insights

立ち上がった新制度

(2006年04月19日)
あるメーカーで行っている1年間の幹部育成プログラムのアクションラーニングのテーマとしてあるチームが「企業風土改革」を取り上げました。彼らはアンケートやヒヤリングを含めて自社の風土分析を行いましたが、その結果、昇格者の人選の基準があいまいであり、一般社員からみたときに必ずしも十分な資質とスキルを備えていない人が管理職についているケースが散見され、それが一般社員のモチベーション低下につながっていることが明らかになりました。 何とかしなくてはという想いから、経営陣へ “役職者への登用を決める際に、これまでの上司推薦だけでなく、専門のアセッサーを育成していわゆるコンピテンシーアセスメントを行う事”を提言したそのチームメンバーは、その後、新人事制度導入の旗振り役となるのですが…。
 
皆さんの組織では、20代の若手社員は順調に育っているでしょうか?近年、若手社員に関するさまざまな問題意識が提起されています。例えば、成長実感のなさから、簡単に会社を辞めてしまう若手が増えていたり、昔のように新入社員が定期的に入社する環境が無くなり、職場で孤立していたりといったことが挙げられます。 筆者は一般企業や地方自治体など計11組織の協力を得て若手社員の成長実態調査を行いました。その結果から本人たちの成長実感と他のどのような項目に高い相関が見られるのかについてさまざまな分析を行っています。その結果から明らかになった、「若手成長に最も重要なもの」などのいくつかの分析をご紹介します。
 
数多くのプレゼンテーションを目にする機会のある筆者ですが、最近、プレゼンの命である「説得力」が以前よりも弱くなっていると感じていました。むしろパワーポイントを誰もが使いこなしてきれいなスライドを作成できるように なったため、ビジュアルの点で問題はないのです。 そんなことを考えていたある日、とあるプレゼン技法の研修に参加した筆者は講義が進む中、ある一枚のスライドでその理由に気がつきました。その理由を解明する鍵は「メラビアンの法則」にあったのです。
 
企業における人材育成というのは、どうあるべきなのでしょうか。筆者は日々仕事を通じて「教育の本質とはいったい何なのか?」という自問自答が続きます。 たとえば“企業人として活躍するのに有益な知識習得の支援”という位置づけであると考えてみましょう。読者のみなさんもお気づきの通り、経営理論を学ぶだけで経営の極意が体得できたり、変革のリーダーに変貌できたりすることは皆無に近いわけで、つまるところ“知っている”という状態と“出来る”という状態は本質的に異なっているのです。 実践力・実行力の高い人材を育成する上で有効な方法について、筆者の考察は心理学の分野まで踏み込んでいきます。
 

組織のCI能力

(2006年03月16日)
(株)インヴィニオ プログラム・デベロップメント
欧米の企業ではCI部門(競合情報分析を専門に行う部門)を社内に設置している企業も多く、CIはそのスペシャリストの仕事として行われてきました。しかし、そのCIスペシャリストを育成するAcademy of Competitive Intelligence(ACI)のプログラム参加者に近年目立つのが「CI部門以外のマネージャー」なのだそうです。その理由をACIのパートナーの一人であるベン・ギラッド氏は「もともとCIは企業の全マネージャーに求められる力である」と語ります。