Leadership Insights
伝統的な歴史を持つ京都の花街ですが、戦後は肝心の舞妓・芸妓のなり手が減少し、花街自体が縮小傾向にありました。しかし、近年の様々な努力が実を結び、時代に合わせた組織立った人材育成の仕組みが整えられることで、ここ数年は舞妓の数が増加に転じ花代の売上アップにも繋がってきたのです。ビジネスの世界においても、プロジェクト単位での仕事が増え、それぞれに専門性を養成する必要がある組織にとって参考になる部分が多いのではないでしょうか。
 
営業改革の現場では、せっかくの戦略も「現場に落ちない」「定着しない」という課題が昔から大きな課題となってきました。では、どうすれば戦略が営業現場に定着するのか、戦略を実行出来る営業現場の組織はどうなっているのか、必要な3つのポイントをキリスト教に例を取って解説します。
 
人に対して影響を及ぼす際、インパクトを持ってその想いを伝えられる人と、なかなか人に伝えきれない人がいる。もっとインパクトの残る働きかけをするにはどうしたら良いのか?リーダーシップを発揮する上で非常に重要なテーマである「インパクト」をテーマに取り上げ、そのメカニズムを脳科学の見地からも検証します。論理だけでは人は動かない、相手の感情面に訴えかける「刺激」の仕組みとその実践方法をご紹介します。皆さんも是非お試し下さい。
 
ビジネスの現場において、「経営感覚の必要性」という言葉は重要な課題として頻出してきます。しかし、それを実際に気づかせることは難しい。今回のコラムでは「経営感覚」を実際に肌で体験し、「気づく」きっかけの一つとしての体験学習をご紹介します。
 
筆者はエデューサーという仕事を通じて人の想いや問題意識を引き出すことを生業としていますが、「実際のところ自分はどのように引き出しているのか?」という事をあらためて考えてみました。皆さんの中には部下とコミュニケーションを取ったり、意見を引き出してまとめたりされるのに苦労されていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。相手の“想い”を上手に引き出すためのポイントを整理してみます。