Leadership Insights / コンペティティブ・インテリジェンス
「競争戦略の本質は差異化である」、というのはマイケル・E・ポーターの有名な言葉ですが、コンペティティブ インテリジェンスでは他社の戦略を研究してしまって、自社の戦略を構築する際に、どこでどのように差異化するのが有効かを考えるというアプローチを用います。 この手法は人事戦略の立案にも応用できるので、企業の人事部門の方々にお集まり頂き、勉強会を行いました。経営戦略を出発点にしながら、人事戦略がどこまで差異化できるかを考えてみました。
 

組織のCI能力

(2006年03月16日)
(株)インヴィニオ プログラム・デベロップメント
欧米の企業ではCI部門(競合情報分析を専門に行う部門)を社内に設置している企業も多く、CIはそのスペシャリストの仕事として行われてきました。しかし、そのCIスペシャリストを育成するAcademy of Competitive Intelligence(ACI)のプログラム参加者に近年目立つのが「CI部門以外のマネージャー」なのだそうです。その理由をACIのパートナーの一人であるベン・ギラッド氏は「もともとCIは企業の全マネージャーに求められる力である」と語ります。