Leadership Dictionary / / 変革的リーダーシップ理論 Transformational Leadership

変革的リーダーシップ理論 Transformational Leadership

変革的リーダーシップ理論とは、1980年代に大きく広がってきたリーダーシップ理論の潮流の1つで、現在最も活発な議論が行われている。変革的リーダーシップ理論においては、変革を実現する為にはどんなリーダーシップのあり方や特性が必要なのか、を追求している。カリスマ的リーダーシップ理論と重なる部分も多いが、現在多くの学者はカリスマ性よりもリーダーの掲げるビジョンが最も重要である、とする立場を取っている。


アメリカ経済が低迷し、厳しい国際競争にさらされる中、市場の環境変化が著しく、複雑性を増してくる中で、企業が更に発展するために必要とされる「変革」を、永続的に実現するためにはビジョンを共有して、社員の能力を引き出し、組織学習を促進することによって、変革を実現するという考え方が基本になっている。

代表的な理論に、コッターのリーダーシップ論ティシーの現状変革型リーダー論ビジョナリー・リーダーシップ論などがある。



■関連用語
リーダーシップ理論の変遷
コッターのリーダーシップ論
ティシーの現状変革型リーダー論
ビジョナリー・リーダーシップ論


 

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/183