Leadership Dictionary / / マネジリアル・グリッド論 The Managerial Grid Model

マネジリアル・グリッド論 The Managerial Grid Model

マネジリアル・グリッド論とは、リーダーシップ行動論の1つで、1964年にブレイク(R.R.Blake)とムートン(J.S.Mouton)によって提唱された。
リーダーシップの行動スタイルを「人間に対する関心」「業績に対する関心」という2軸に注目し、それぞれをどの程度関心を持っているか、それぞれの軸を9段階に分ける。ここに出来る計81の格子(グリッド)をマネジメント・グリッドと称し、典型的な5つのリーダーシップ類型(1・1型、1・9型、9・1型、9・9型、5・5型)に分類した。

この類型の中では9・9型が最も理想的なリーダー類型であると、ブレイクらは主張している。

1・1型: 生産にも人間にも無関心な放任型リーダー
1・9型: 生産を犠牲にしても人間への関心が高い人情型リーダー
9・1型: 人間を犠牲にしても生産最大化への関心が高い権力型リーダー
9・9型: 生産にも人間にも最大の関心を示す理想型リーダー
5・5型: 生産にも人間にもほどほどな関心を示す妥協型リーダー

grid.gif



■関連用語
リーダーシップ理論の変遷
リーダーシップ行動論
シャートルのオハイオ研究
レヴィンのリーダーシップ類型/アイオワ研究
リッカートのマネジメント・システム論/ミシガン研究
三隅二不二のPM理論


 

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/176