Leadership Dictionary / / ストッグディルの特性論 Stogdill’s Trait Theory

ストッグディルの特性論 Stogdill’s Trait Theory

ストッグディルの特性論とは、1930年代にアメリカの心理学者ストッグディル(R.Stogdill) が、リーダーのもつ特性、あるいはリーダーシップと高い相関関係がある特性を調査し、以下の特性を挙げている。


「公正」「正直」「誠実」「思慮深さ」「公平」「機敏」「独創性」「忍耐」「自信」「攻撃性」「適応性」「ユーモアの感覚」「社交性」「頼もしさ」


しかし、それぞれの特性の定義、測定、因果関係ははっきりせず、ストッグディル自身も後年、リーダーシップ特性論の限界を自ら宣言している。



■関連用語
リーダーシップ理論の変遷
リーダーシップ特性論


 

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/171