Leadership Dictionary / p / PM理論 PM Theory of Leadership

PM理論 PM Theory of Leadership

リーダーシップ行動論の1つ。日本の社会心理学者、三隅二不二(みすみ じゅうじ)が1966年に提唱したPM理論とは、リーダーシップをP:Performance「目標達成能力」とM:Maintenance「集団維持能力」の2つの能力要素で構成されるとし、目標設定や計画立案、メンバーへの指示などにより目標を達成する能力(P)と、メンバー間の人間関係を良好に保ち、集団のまとまりを維持する能力(M)の2つの能力の大小によって、4つのリーダーシップタイプ(PM型、Pm型、pM型、pm型)を提示し、PとMが共に高い状態(PM型)のリーダーシップが望ましい、とした理論。


PM型(P・M共に大きい) 
     目標を明確に示し、成果をあげられると共に集団をまとめる力もある理想型
Pm型(Pが大きく、Mが小さい) 
     目標を明確に示し、成果をあげるが、集団をまとめる力が弱い。
     成果はあげるが人望がないタイプ
pM型(Pが小さく、Mが大きい)
     集団をまとめる力はあるが、成果をあげる力が弱い。
     人望はあるが、仕事は今ひとつというタイプ
pm型(Pが小さく、Mも小さい)
     成果をあげる力も、集団をまとめる力も弱い。リーダー失格タイプ。


pm.gif


■関連用語
リーダーシップ理論の変遷
リーダーシップ特性論
シャートルのオハイオ研究
レヴィンのリーダーシップ類型/アイオワ研究
リッカートのマネジメント・システム論/ミシガン研究
マネジリアル・グリッド論


 

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/177