Leadership Dictionary / / 期待理論 Expectancy Theory

期待理論 Expectancy Theory

期待理論とは、1964年にブルーム(V.Vroom)によって提唱されたモチベーション理論の1つ。人間がどうやって動機付けられるのかという「動機づけの過程」に注目し、人間の行動は、「どこまでやればよいかの限界値が明確で、どうすればよいのか戦略が必要充分であり、達成した目標の成果が魅力的であれば、その目標に向かって動機付けされる」という考え方のこと。


期待理論では、以下の期待を連鎖的に成立させることで、動機付けを実現出来る、としている。


期待連鎖1 目標(Goal)を実現する事によって、魅力ある成果(Reward)を期待する
期待連鎖2 戦略(Efforts) によって、目標(Goal) の実現を期待する


従って、この2段階の期待連鎖を実現するためには、3つの設定が必要となる。


1)魅力ある成果の設定(Reward)
2)成果を実現するのに必要充分な目標値の設定(Goal)
3)目標値を実現するのに必要充分な戦略展開(Efforts)


expectancy.gif


パス・ゴール理論は、期待理論のモチベーションの発生過程に注目して適用されたリーダーシップ条件適応理論の1つである。



■関連用語
モチベーション理論
パス・ゴール理論


 

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/185