Leadership Dictionary / / リーダーシップ条件適応理論/条件即応理論 Contingency Theory

リーダーシップ条件適応理論/条件即応理論 Contingency Theory

リーダーシップ条件適応理論とは、1960年代の終わり頃から発展してきたリーダーシップ論の1つの潮流。リーダーシップ特性論リーダーシップ行動論のように、2・3の特性や望ましい行動を分離するというものではなく、全ての状況に適応されうる唯一最善の普遍的なリーダーシップ・スタイルは存在しない、という考えに基づいて、リーダーの特性や行動と状況の関係を明らかにしようとした。ある状況のもとでは、あるリーダーシップ・スタイルが適切だったが、他の状況においては、より適切な異なったリーダーシップ・スタイルが存在するという考え方のこと。

代表的な理論としては、フィドラーのコンティンジェンシー・モデルパス・ゴール理論SL理論がある。



■関連用語
リーダーシップ理論の変遷
リーダーシップ特性論
リーダーシップ行動論
フィドラーのコンティンジェンシー・モデル
パス・ゴール理論
SL理論


 

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/178