Leadership Dictionary / / コンペティティブ インテリジェンス CI:Competitive Intelligence

コンペティティブ インテリジェンス CI:Competitive Intelligence

コンペティティブ インテリジェンスとは、自社の方針、戦略意思決定、運営に影響する外部の情報を倫理的に収集、分析、管理する組織的な一連のプロセスを指す。日本語では「競合情報分析」と訳されることが多い。


1980年代に軍事理論、経済学、マーケティング、戦略的マネジメント論の発展の結果生まれた概念であり、欧米では企業内に専門の部門を作り組織的なアプローチで意思決定や競争戦略立案に活用する企業が多い。近年では競合情報に限らず競争環境すべての分析を行うのが主流になっている。


コンペティティブ インテリジェンスの目的は、組織がインテリジェンスを基に的確かつ迅速な意思決定を行えるようにすることにある。インテリジェンスの活用方法は多岐に渡り、様々な場面でこのアプローチが応用される。


コンペティティブ インテリジェンスのプロセス

1. 情報の収集:競合や競争環境に関する「オープン情報」(公開されている情報)を収集するプロセス
2. インテリジェンスの構築:集められた情報からその「意味合い」を抽出する分析のプロセス
3. 戦略意思決定への活用:意思決定や戦略実行に向けた組織でのインテリジェンスの共有



■関連用語
インテリジェンス
キーインテリジェンストピック
インテリジェンス サイクル
インテリジェンス エンジニアリング
アーリーワーニング
ブラインドスポット


 

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/141