Leadership Dictionary / / コンピテンシー Competency

コンピテンシー Competency

コンピテンシーとは「高い業績をコンスタントに示している人の行動の仕方などに見られる行動特性」のこと。ある職務に必要とされる知識、技能、価値観などというような細分化された能力ではなく、観察可能なスキルなどを通して生み出される行動様式を一つの特性としてまとめたもの。「コンピテンシー」を行動基準や評価基準に活用することにより、社員全体の行動の質を上げていこうという目的で活用されている。


元々は、1970年代にハーバード大のマクレランド教授が、「学歴や知能レベルが同等の外交官が、開発途上国駐在期間に業績格差がつくのはなぜか?」という依頼を受け、調査・研究を行った結果、「学歴や知能は業績の高さとさほど相関はなく、高業績者には幾つかの共通の行動特性がある」としたことが判明したことがコンピテンシー理論の基となっている。


求められるコンピテンシーは、職務や職種によってそれぞれ異なっている。
その後アメリカを中心に、企業の人事システム構築のための一つの考え方、ツールとして発展してきた。


 

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/131