Leadership Dictionary
コンペティティブ インテリジェンスとは、自社の方針、戦略意思決定、運営に影響する外部の情報を倫理的に収集、分析、管理する組織的な一連のプロセスを指す。日本語では「競合情報分析」と訳されることが多い。 1980年代に軍事理論、経済学、マーケティング、戦略的マネジメント論の発展の結果生まれた概念であり、...
 
シナリオプランニングとは、想定される未来の事業環境を『シナリオ』と呼ばれる、複数の一貫性あるストーリーに落とし込み、将来どのシナリオが実現しても対応出来うる戦略オプションを用意する手法を指す。 現在がこうだから、未来はこうなるはずである、という一点予測ではなく、不確実性を持つ事象の現れ方毎に、それぞ...
 
ブラインドスポットとは、戦略的に思いもよらない事態や環境に陥り、競争優位を失ってしまう状況を引き起こす、企業が抱える「死角」「盲点」のこと。 フォーチュン500に登場するアメリカの大企業を対象としたアンケートを2002年に実施したところ、過去5年間に自社の市場での地位に重大な影響を与えかねない出来事...
 
アーリーワーニング(早期警戒)とは、コンペティティブ インテリジェンスにおいて、競合企業や市場の動向、新規技術や顧客の志向の動きなどについて、いち早く変化の兆候を察知し、実際の経営判断に役立てて企業が陥りそうな危機を回避するためのシステムのことを指す。 競合の新製品が爆発的に売れて自社製品の市場を大...
 
キーインテリジェンストピックとは、競合情報分析を行うにあたって最初に設定すべき課題設定のことを指す。インテリジェンスを活用する意思決定者のニーズを明確にすることでもある。代表的なキーインテリジェンストピックには、1)今後の経営戦略意思決定に必要な情報 2)アーリーワーニング(早期警戒)3)競合・顧客...
 
インテリジェンス サイクルとは、コンペティティブ インテリジェンスを実行するための基本プロセスのことを指す。 そのプロセスは、ニーズを把握し、キーインテリジェンストピック(KIT)を明確にして企画を立案、情報を収集し、分析してインテリジェンスに生成し、使用出来る形で意思決定者に伝達する。そして、その...
 
インテリジェンス エンジニアリングとは、多岐にわたるデータ、情報を収集、分析し、その意味合いを、組織の戦略実行や意思決定に活用できる形(Actionable Intelligence)に加工し、組織に展開することを指す。 ■関連用語 インテリジェンス コンペティティブ インテリジェンス キーインテリ...
 
インテリジェンスとは、必要であれば情報を分析し、複数の情報からその意味合いが分析され、組織としてのアクションにつながるレベルまで纏め上げられた情報のことを指す。 情報活動の理論では、日々行き交う知識を、インフォメーション(Information)と呼ぶ。それに対し、目的に対して役立つ知識かどうかの選...
 
MBTIは、スイスの心理学者であるユングが提唱した心理学的類型論(タイプ論)をもとに、アメリカ人親子のMyersとBriggsが1945年頃に開発し1962年に初版が完成した性格検査手法であり、世界中に紹介され、キャリア・カウンセリング、組織開発、リーダーシップ開発、チームビルディング、教育面など様...
 
エニアグラムとは、ギリシャ語で「9の図」という意味の幾何学図形であり、この図形をシンボルとして発展した性格タイプ論とされている。人間を9つの基本的な性格に分類し、それぞれの性格の働きを描いた“こころの地図”とも称される。心理学やカウンセリング、ビジネス、教育などの分野において取り入れられている。 元...