Leadership Dictionary
戦略とは、将来のありたい姿に向けて、その姿と現在の姿のギャップを埋める手段を指す。戦略策定とは、将来のありたい姿と現在の姿のギャップを明らかにし、現在の姿からありたい姿までの道筋をいろいろと考え意思決定することを指す。戦略策定は、リーダーにとって重要な役割のひとつといえる。 戦略策定のプロセスには、...
 
ロジックツリーとは、事象を階層的な構成要素に分解し、それぞれの構成要素の関係をツリー状に表したものを指す。分解する際には、因数分解や部分集合の包含関係を活用する。 因数分解によるロジックツリーの例 集合によるロジックツリーの例 ロジックツリーは、より広く深く思考する上で有効なツールである。例えば、問...
 
4Pとは、マーケティングプランを考えた時に、何か漏れていないかなどのチェックに用いるフレームワークを指す。製品(Product)、流通(Place)、価格(Price)、プロモーション(Promotion)の4つの頭文字をとって4Pというが、商品の特性上、目に付くことが大切な場合に、製品(Produ...
 
イシューとは、企業の経営に影響を与えるような検討すべき課題を指す。 イシューアナリシスは、イシューを構造的に分析する手法を指す。具体的には、メインとなるイシューを要素分解してサブイシューとし、そのサブイシューをさらに要素分解していく。このブレイクダウンプロセスを、個々のサブイシューに対して正否が判断...
 
帰納法とは、多くの事実の間にある共通の本質を求めるものであり、複数の事例から、普遍的な原則を導き出す論法を指す。 例えば、Aさんは死んだ、Bさんは死んだ、Cさんは死んだ・・・という複数の事実から、人間は死ぬべき存在だろう。という原則を導き出す。ただし、全ての事例は事実でなくてはならない。一つでも事実...
 
演繹法とは、大前提を、個別の事例(小前提)に適用して、必然的な結論を導く論法である。例えば、すべての人は死ぬという大前提に対して、ソクラテスは人であるという小前提が成り立つ場合、ソクラテスはいつか死ぬという結論が導き出される。いわゆる三段論法。 大前提とは、一般的に多くの人に認められた主張をいい、法...
 
論理思考(ロジカルシンキング)とは、論理的に主張を導く思考方法を指す。 論理的であるとは、前提となる考えや根拠となる事実が客観的で正しく、さらに、それらの前提や事実と主張との関係が明確であることを指す。 論理的ではない場合の思考の特徴をみると、論理思考(ロジカルシンキング)とはなにかが分かりやすい。...
 
問題とは、批判・論争・研究などの対象となる事柄。解決すべき事柄をいう。ビジネスにおいても、例えば、業績の悪化や顧客からのクレームの増加や、競争力の低下などさまざまな問題が発生する。問題解決は、このようなさまざまな問題の本質を明らかにし、具体的な解決策を導き出すことを指す。問題解決は、リーダーにとって...
 
ファイブフォース分析は、企業の外的環境の中心となる業界構造の分析に基づいて事業戦略を策定するツールである。マイケル・E・ポーターは、1980年の著作「競争の戦略」の中で、業界内の競争に影響を与える5つの要因を指摘し、「競争のルール」の5つの力として、以下のように分類した。ファイブフォース分析は、5つ...
 
フレームワークとは、思考を助けるツールといえる。書類などを整理する箱があるように、思考やアイディアを整理する箱だと考えると分かり易い。フレームワークは、考えを整理することにより、新しい考えや意味合いを促すために用いられる。また、整理する箱には目的に応じて様々な種類があるように、フレームワークも用途に...