Leadership Dictionary
ビジネス・システムをご参照ください...
 
ビジネス・システムとは、顧客を終着点として、製品/サービスを実際に届けるまでに行う事業のプロセスにおいて、どのような活動が必要なのかという観点から、それぞれの活動を時系列に分類し、その活動に沿って自社や競合他社の強み・弱みを整理することから、自社の特徴や課題を抽出する手法を指す。バリュー・デリバリー...
 
マイケル・E・ポーターは、自社が関わる大きな活動群中に自社のバリューチェーンは潜んでいるとしている。この大きな活動群全体を価値システムと呼んでいる。価値システムは、バリューチェーン同様、M.E.ポーターが提唱した概念で、1985年に発表した著作「競争優位の戦略」中で紹介されている。 サプライヤ(原材...
 
バリューチェーン(価値連鎖)は、企業の全ての活動が最終的な価値にどのように貢献するのかを体系的かつ総合的に検討する手法を指す。マイケル・E・ポーターが提唱した概念で、1985年に発表した著作「競争優位の戦略」中で紹介されている。バリューチェーンは、事業を顧客にとっての価値を創造する活動という切り口か...
 
マイケル・E・ポーターは、企業は競合と比較して無数の長所や短所を持つが、基本的には競争優位のタイプは、低コストと差異化の2つに絞ることができるとしている。この2つが、ターゲットとなる市場セグメントと結びつき、業界内で平均以上の業績を達成するための3つの基本戦略をつくりだしている。 1.コスト・リーダ...
 
SWOT分析は、企業・組織の内的環境と外的環境を評価することにより、企業や組織が置かれている状況を網羅的に分析することを目的としている。内的環境の評価とは、組織がもつ強み(Strengths)・弱み(Weaknesses)を明らかにすることで、外的環境の評価とは、外的環境に潜む機会(Opportun...
 
製品ライフサイクル(PLC)は、製品の導入期、成長期、成熟期、衰退期の4つの段階より成る。動的な市場の理解や利益の最大化、或いは各段階において特定のマーケティング戦略などを導き出す、製品マネジメントの概念的なフレームワークとして用いられる。 導入期 導入期は、新製品の開発から市場導入初期までの時期を...
 
デファクトスタンダードは、ISOやJISなどの国際機関や標準化団体による公的な標準ではなく、市場における競争の結果、事実上の標準化した基準を指す。de factoとはラテン語で「事実上の」を意味する。 ■関連用語 ファイブフォース分析 ...
 
規模の経済性とは、生産規模の拡大する度に、製品単位当りのコストが減少することをいう。労働、資本という要素から生産量の変化を示す。 ■関連用語 ファイブフォース分析 経験曲線効果 ...
 
経験曲線効果とは、累積生産量が増加するたびに、一定の比率で製品単位当りのコストが減少する現象をいう。 この効果は、1930年代アメリカの航空業界の生産コストを調査している過程において、規模の経済性だけでは説明でない時系列的なコスト低減が見つかったことに端を発し、その後、様々な産業について同様の研究を...