カテゴリー: マインド醸成

ごきげんようは、侮れない[会員限定]

最近、筆者が非常にパフォーマンスに関係すると実感しているのが“機嫌”です。内田樹さんによれば、「危機的局面」において人間は上機嫌になるものだそうで、それは精神論的な教訓ではなく、追い詰められた生物が生き延びるための戦略であるそうです。筆者の経験している様々な局面でも、人が上機嫌になるシーンとい…続きを読む

大人の成長には痛みを伴う[会員限定]

筆者は最近日本ラグビーフットボール協会の中竹竜二さんが書かれた本を読み、非常に共感を覚えました。そこでご本人に直接会いに行き、話をする機会を得ました。その際に、中竹さんから出た「大人の学びには痛みを伴う」という言葉が筆者の心に突き刺さりました。もともとは成人教育学者のジャック・メジローが提唱す…続きを読む

未曾有の危機を乗り切る日本的リーダーシップとは?[会員限定]

3月11日に発生した東日本大震災。その被害は想定外のものでした。呆然と立ち尽くすほど深刻な危機に直面したとき、洋の東西を問わず人は誰しも救世主を待望するのではないでしょうか。超自然的な存在に求めるのならばそれは神仏であり、人であれば国王や大統領、首相といったトップリーダーということになるでしょ…続きを読む

ラテラルリーダーシップを鍛えよう![会員限定]

かつて「リーダーの中のリーダー」と絶賛されていたGEのジャック・ウェルチが提唱したリーダーの条件をあらためて眺めてみると、トップダウン型のリーダーをイメージしていることが分かります。しかし、今日の日本企業を取り巻く状況を考えると、トップダウン型のリーダーシップだけでは仕事をうまく推進できないケ…続きを読む

伊藤修講師のEラーニングコンテンツ

「時代観、世界観をもったリーダーの育成」にチャレンジするインヴィニオ。その中核を担う伊藤修講師によるEラーニング講座が出来ました。インヴィニオで伊藤修講師の講義を受けられた受講生の方のために、伊藤講師が「補講」を行います。日ごろの情報収集や思考の組み立て方から、時代観・世界観醸成のために自らに…続きを読む

学びの深さは何によって決まる?[会員限定]

人材育成という仕事に携わっている筆者がしばしば感じていることがあります。それは「ほとんど同じ教育プログラムであっても受講生によって学びの深さに大きな差が生じるのはなぜか」という事です。これまでのさまざまな数多くの経験も踏まえて学びの深さに差異が生じる原因を筆者なりに考察してみたところ、大きく3…続きを読む

心機一転は、スタートではない。[会員限定]

「わが社の社員の意識を変えたい」「部下の行動を変えたい」というのは皆さんの会社でも多く聞かれるのではないでしょうか。クライアントの方々から相談を受ける事の多い筆者は「意識と行動のどちらを先に変えるのか?」という事について様々に考えてきました。筆者の行き着いた結論は「先ず行動を変える」こと。それ…続きを読む

考えない方がよく見える?~思考と止観[会員限定]

「『なぜ』を繰り返しなさい」「常に仮説を持ちなさい」…物事に対して思考停止せずに深く考える態度は非常に大切です。しかし、『いつでも』こうした思考態度が必要かどうかに関しては筆者は疑問を持っています。なぜなら、自分の思考の枠組みなどに囚われ過ぎてしまい、目の前の事実が見えなくなってしまうことが現…続きを読む

一見論理的な議論から、なぜ質の高い結論が生まれないのか?[会員限定]

昨今の「論理力」ブームもあり、読者の皆様も一度は自分の論理力を高めたいとお考えになったことがあるのではないでしょうか。筆者は仕事上、さまざまな議論の場に立ち会うことが多いのですが、論理力は議論の場で意外とクセモノになりうると感じています。なぜなら、非常に論理的に噛み合った議論がなされるときに限…続きを読む

優れたリーダーは、「早い」&「速い」[会員限定]

「うちの会社はいったん決めると動きは速いんだけどね…」と言うのはよく聞く話です。しかし、「いったん決める」という早さの点が問題視されることは実はあまり多くありません。筆者が言うには、早く意思決定することで得られるアドバンテージは非常に大きいのです。それならば、なぜ「早く」意思決定をすることが出…続きを読む

リーダーシップとはその人の生き方そのもの[会員限定]

みなさんは「心から尊敬できるリーダー」に出会ったことがありますか?かつてコンサルティング会社に勤務していた筆者はある日「この人のためなら一生涯を捧げてついていきたい」と思えるようなリーダーに出会います。さて、筆者は何故そのリーダーに魅かれたのでしょう?具体的なエピソードを交えながら、あらためて…続きを読む