Leadership Insights / なぜ今ミドルのキャリア自律政策か[会員限定]

なぜ今ミドルのキャリア自律政策か[会員限定]

(2015年05月27日)

私が長年活動の拠点としてきた慶応大学SFCのキャリアリソースラボラトリーが設立されたのが2000年5月、15年前になる。当時は1990年代後半の大手企業の破たんやリストラ、事業再編などを背景に、日本も自律的キャリア形成への意識が高まりつつある状況だった。特に若手社員は会社に生涯を任せる生き方がもはや現実的ではないことを理解していた。一方で歪んだ就活やキャリア教育の問題もあり、若者のキャリア自律イメージは歪んだものになりがちだった。

そういう背景もあり、キャリア自律の最初のターゲットは20代若手社員であった。それが最近明らかに変化のトレンドが見てとれる。バブル入社組の40代や、定年延長や役職定年などが一般化した50代のキャリア自律が大きな課題になってきている。

安倍政権の経済再生政策や地方創生政策の流れで、国がミドルシニアの流動化に本格的に取り組み始めたのも、その一つの表れだろう。過去日本の労働政策は、企業にとどまる雇用安定を最優先にしてきた。しかしキャリアがこれだけ不安定化する中、雇用だけを特定企業内で安定させる政策でははっきり限界があるということだろう。

私が実際に検討委員として参加している政策を二つ紹介しておこう。

invenio menu icon続きを読む...


■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/877

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)