Leadership Stories / 楠田祐氏と語る~スプリング対談:人材開発と日本のこれから(第一回)[会員限定]

楠田祐氏と語る~スプリング対談:人材開発と日本のこれから(第一回)[会員限定]

(2015年03月20日)
中央大学大学院戦略経営研究科 客員教授
楠田 祐氏
IMG_0056_2.jpg
楠田祐氏
中央大学大学院戦略経営研究科 客員教授
 戦略的人材マネジメント研究所 代表
  

楠田 祐(くすだ ゆう)氏 プロフィール:東証一部エレクトロニクス関連企業3社の社員を経験した後にベンチャー企業社長を10年経験。2009年より年間500社の人事部門を6年連続訪問。人事部門の役割と人事の人たちのキャリアについて研究。多数の企業で顧問も担う。中央大学大学院戦略経営研究科 客員教授、戦略的人材マネジメント研究所 代表。特定非営利活動法人 女性と仕事研究所 理事、日本テレビ NEWS ZERO コメンテーターも務める。【主な著書】「破壊と創造の人事」(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン)2011年は、Amazonのランキング会社経営部門4位(2011年6月21日)を獲得した。最新の著書は「内定力2016~就活生が知っておきたい企業の『採用基準』」(出版:マイナビ)




聞き手:高井 正美
株式会社インヴィニオ 取締役 エデューサー

(以下、敬称略)

第一回:グローバル人材マネジメントの肝は“インクルージョン(Inclusion)”


”グローバル人事部”の役割

高井 本日は大変ご多忙のところ、対談の機会をいただきありがとうございます。楠田さんは企業の人事部の方々との交流がとてもお広いとお聞きしています。確か年間500社ぐらいの方とお会いになるとか。もの凄い数ですよね。今日はその膨大なヒアリングを通じて楠田さんが感じておられる、日本企業が直面する人材開発の課題や今後の方向性について、色々とお話しをお伺いできればと思います。最近人材開発の方の課題意識が高まっているテーマには、どのようなものがありますか?

楠田 大きく二つありますね。グローバルとイノベーションです。

高井 グローバルとイノベーションへの取り組み、確かにどちらも日本企業にとって今後の生命線ですよね。それではまず、グローバルに関する課題からお伺いします。グローバルと言えば、大手企業にはよくグローバル人事部という名の部署がありますよね。不勉強で申しわけないのですが、そもそもグローバル人事部というのはいつ頃できて、どんなミッションを持っているのでしょうか?


invenio menu icon続きを読む...



■関連用語
コーチ
ダイバーシティ




■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/872

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)