Leadership Insights / サービス業化する日本の人材育成 - 感受性と応用力を育てる人材育成[会員限定]

サービス業化する日本の人材育成 - 感受性と応用力を育てる人材育成[会員限定]

(2014年01月23日)

言うまでもなく、日本をはじめ先進国の産業構造は高度にサービス業化しつつある。21世紀になって、日本で唯一雇用数が大きく伸びた産業セクターは医療介護である。言うまでもなく高齢化社会と介護保険の誕生で、介護が家庭内労働から広く産業化した結果である。クールジャパンやインバウンド観光促進、そしてIT業界でもサービス業化が急速に進んでいる。

日本の高度成長を支えた輸出型製造業の大企業は、今も影響力発言力は極めて大きいが、雇用数という意味で、特に若年者雇用を支えるという意味では、往時の勢いは全くない。一方で介護、観光、飲食、IT、新しい小売などの新興企業などには、いわゆるブラックと呼ばれる早期の高い退職率、人材使い捨てといった問題が取りざたされている。

私の印象では、そのようなこれからの雇用を量的に支える産業の多くの企業、特に新興企業中小企業は、人を使い捨てにしようと割り切っている確信犯企業というより、経営者がどうしていいかわからない、結果ブラックに見える企業が多いと思う。一つの大きな背景に、サービス業の人材育成人材マネジメントが、日本では特に、輸出型製造業などに比べてノウハウ不足、未発達ということがあるように思う。

invenio menu icon続きを読む...


■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/859

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)