Leadership Insights / 沖縄における企業内人材育成推進の取り組み[会員限定]

沖縄における企業内人材育成推進の取り組み[会員限定]

(2013年05月15日)

これから社会に出ようとする若者、そして彼らの家族も含めて、会社で働くこと、そして社会全般に対して、信頼感が薄まってきている。これは沖縄ばかりでなく日本全国で、就職活動に関わる多くの専門家が感じている。人を使い捨てにするブラック企業に関するうわさがネット上などで流布され、学生は疑心暗鬼になる。さらにリーマンショック後の内定取り消しなどのできごとから、学生が企業を信頼せず、それにより企業の内定辞退が増え、企業が学生を信頼できなくなるという悪循環は、社会に出てからの大事な初期キャリア形成に悪い影響を与える。

人材使い捨て企業を減らし、働きがいのある企業を増やすことが一番大事なのだが、その結果として若者やその家族が、働くという部分での社会システムへの信頼感をもつこと、そのためにも会社も働く人に信頼感をもち、その相互の信頼感がベースとなって、会社ばかりでなく地域のそして日本全体の財産としての人の成長が、働くことを通じて実現できる。

私は5年ほど前から沖縄県の雇用問題やキャリア教育に関わってきた。その中でサービス業中心、中堅中小企業中心のこの地域では、輸出型製造業の大手企業のような、特定企業内での人材抱え込みによる長期の育成に頼ることは難しい、各企業が働きがいがあり、それを通じて成長できる職場であることで、地域としての人材が成長するというモデルを、地域として実現していくことが求められると考えてきた。

invenio menu icon続きを読む...



■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/849

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)