Leadership Insights / 無色透明で柔軟な人事制度の時代[会員限定]

無色透明で柔軟な人事制度の時代[会員限定]

(2012年09月27日)

ここで言う人事制度とは、特に社員区分制度、等級制度、給与制度のいわゆる人事制度の骨格になる部分である。「21世紀のキャリア論」(東洋経済新報社)の中でも述べたように、21世紀のキャリア環境の特徴は、想定外変化の時代であることだ。経営判断が誤った場合は、基本が右肩上がりであった時代のように、時間が問題を解決してくれることはなく、いまや時間は問題を悪化させる。最近の液晶事業を巡る混乱のように、手はすぐに打たなくてはならない。だから個人のキャリアは突然の想定外変化に見舞われることになる。EVが予想以上に早く普及したら、内燃機関のエンジニアのキャリアはどうなるか。様々な環境変化に、10年先のキャリアなど想定できない時代だ。

invenio menu icon続きを読む...



トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/837

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)