Leadership Insights / 問題・課題発見型イシュー・アナリシス(2)[会員限定]

問題・課題発見型イシュー・アナリシス(2)[会員限定]

(2012年03月22日)

問題・課題発見型イシュー・アナリシス(1)はこちら


②課題の特定

今の利益水準に満足することなく、「より多くの利益を上げる事は可能だったのか?」と、問いを設定しなおすと、図3のようなツリーに展開することができる。ツリーの構成要素はそのままであるが、述語部分が微妙に変わってくることに着目していただきたい。

ia2_1.JPG

図3(拡大図はこちら


例えば、「売上を増やす事は可能だったのか?」は、「単価はもっと上げられたのか?」という問いと「数量はもっと増やせたのか?」 という問いに分解することができる。
この「単価はもっと上げられたのか?」という問いに答えようとすると、例えば、自社の製品・サービスの提供価値が適切だったかどうか、もっと価値を上げる事で単価を上げられる可能性がなかったのか、ということを考え直す必要があり、顧客ニーズが的確に掴めていたか、競合の提供する価値なども考慮して、自社の商品・サービスの価値を定義できていたか、安易に価格を下げてしまっていなかったかなどを問い直すことになる。

invenio menu icon続きを読む...



■関連用語
イシューアナリシス
ロジックツリー
論理思考(ロジカルシンキング)
問題解決
戦略策定



■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/823

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)