Leadership Insights / 貨幣の暴走を許すな!(上)[会員限定]

貨幣の暴走を許すな!(上)[会員限定]

(2009年01月14日)

1929年の世界大恐慌にも比肩される、米国のサブプライムローン破綻に端を発した今回の世界的な経済危機。昨年12月30日の大納会で日経平均株価は前年末比6448円(42%)安い8859円で引け、世界の株式時価総額は1年間に実に29兆ドル(約2600兆円)も消失しました。震源地の米国では住宅ローンの貸倒れが金融機関を直撃し、昨年9月には政府系住宅金融機関ファニーメイとフレディマックが国有化される一方、160年の歴史を有する名門投資銀行リーマンブラザーズが破綻するという激震が走りました。これが契機となり信用不安が信用収縮へと相転移し、住宅ローンはもとより自動車ローンなど消費者向け各種融資が一気に引き締められて米国の消費は突如凍りつきます。それまで日本の好景気を牽引していた自動車や家電は、米国市場のあまりにも急激な需要減退に直面し呆然。10月23日にはソニーが、国内外で5、6箇所の工場を閉鎖し16000人規模のリストラを行うと発表します。これが日本企業のリストラの嵐を誘発し、自動車、家電・エレクトロニクス、産業機械、建設機械など輸出主導型企業の多くが、非正規社員を中心に大幅な人員削減に踏み切りました・・・。

でも、ちょっと待ってください。確か昨年の春頃までは日本ではいざなぎ景気を超える戦後最長の好景気が続いていて、新興国の持続的な高度経済成長が原油やその他の資源価格を異常なまでに高騰させていたような記憶が・・・。

invenio menu icon続きを読む...


■関連用語
論理思考


■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/642

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)