Leadership Insights / 完ぺき主義が日本企業の行動を制約する[会員限定]

完ぺき主義が日本企業の行動を制約する[会員限定]

(2008年12月18日)

私がマッキンゼーでコンサルタントをしていた時、ニューヨークで8ヶ月ほど仕事をする機会があった。ちょうど1990年代の初頭で、アメリカではSaving and Loan(S&L)の不動産融資が問題になっていた時期であった。アメリカではその当時通常の個人を顧客とする支店を展開する商業銀行は午後5時まで営業していた。そして多くの支店では、午後5時に店舗を閉めると従業員の多くは5時30分頃には銀行を出て、自宅に向かった。一方日本の銀行は午後3時には店舗を閉めるが、銀行員の多くが退社するのは6時、場合によってはさらに遅い8時9時近くまでいる状況であった。

invenio menu icon続きを読む...


トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/636

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)