Leadership Insights / 混乱する日本企業の財務[会員限定]

混乱する日本企業の財務[会員限定]

(2008年06月12日)

1984年の1月から2008年の4月末までの24年と4ヶ月の期間にアメリカの証券市場の代表的な株式指数であるS&P500はおよそ8倍になり、年率に換算して平均9%弱の上昇を見せた。一方日経平均はこの期間に1.26倍にしかなっておらず、年率に換算すると平均1%以下しか上昇していない。これは1984年当時の日本の長期国債の利回り7%も下回っており、これでは日本企業の株式の資金コストを「無原価」であると、企業活動の結果が証明してしまったようなものである。

invenio menu icon続きを読む...


■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/576

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)