Leadership Insights / 戦略立案ノート(1)[会員限定]

戦略立案ノート(1)[会員限定]

(2007年11月21日)

<はじめに>

戦略とはそもそも何かについては、戦略を語る人の数だけ定義がある。

マイケル・ポーターは、差異化が戦略の本質であると言い、クラウゼビッツは、個々の戦闘を戦争の大きな目的につなげることだ、などと定義した。私は最近好んで、神戸大学の三品先生の定義=「戦略とは、競合他社と派手に利益のぶん取り合い合戦を演じるものではなく、新たな市場取引を創造し、それによって人々の幸福度を増進させるもの」「変わりにくい長期利益をふやしていくもの」という定義を使うことにしている。

この定義には戦略を考えていくときの重要な視点が2つ含まれている。一つは市場取引の創造という部分で、今までにない取引を作るとなると、顧客のニーズの理解、その変化の先読みなどが不可欠となる。もう一つは長期利益の成長という部分で、私は勝手に利益率を長期的に少しずつ上昇させていくこと、と読み替えているのだが、これはかなりのクリエイティビティを要求される。利益率の高い事業で一定の売上を上げていても、その利益率の高さに着目して競合の参入が起これば、価格を下げざるを得なくなったりすることもあるし、売上の成長を目指すよう社内外からプレッシャーがかかって、必ずしも得意ではない分野に出ていったり、利益率の低い商品にも活動の幅を広げたりすることもあるし、ともすると利益率は下がりやすい。それを上げるとなると、相当の工夫が必要になる。

今回から数回にわけて、当コラムでは「市場取引の創造」と「利益率の向上」という観点から、戦略を立てるべき人がどんなことに気を使う必要があるか、最近行ったアクションラーニングで私自身が体験したことなども含めて考えていきたい。

invenio menu icon続きを読む...


■関連用語
コスト・リーダーシップ、差異化、集中 「ポーターの基本戦略」
戦略策定
戦略論の変遷
クラウゼヴィッツの戦争論


■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/457

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)