Leadership Insights / インパクトのある人とない人。その違いはどこに?[会員限定]

インパクトのある人とない人。その違いはどこに?[会員限定]

(2007年09月19日)

「どうすればチームのメンバーに対し、もっとインパクトの残る働きかけができるか?」

私の経験則では、人との接点が多い営業職や生産現場の人よりも、分析的で論理的なアプローチを得意とする技術職・スタッフ職の人に、この種の悩みが多いような気がする。
「インパクト」はリーダーシップの発揮における最も重要なテーマのひとつであり、単なる「その人のキャラクターや資質の問題」として無視するわけにはいかないだろう。

今回のコラムでは、この「インパクト」というものについて、私が研修で行っている「講義の経験」と「脳科学の見地」から糸口を探ってみようと思う。

講義の場で何かを説明するときには、その意義や有用性を理解してもらうために、それ相応の論理性が求められる。
しかし実は、論理性というのは、講義を成立させるためのひとつの必要条件に過ぎない。
極論すれば、論理的に説明するだけであれば、本やEラーニングでも可能である。
でば、講義でなければできないこと、求められることとは何だろうか?

それは、相手の感情面に働きかける「刺激」である。

invenio menu icon続きを読む...



■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/245

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)