Leadership Stories / “出過ぎた杭になれ”[会員限定]

“出過ぎた杭になれ”[会員限定]

(2007年07月03日)
モバイル・インターネットキャピタル株式会社
代表取締役社長 西岡 郁夫氏
nishioka06.jpg
西岡郁夫氏
モバイル・インターネットキャピタル
株式会社 代表取締役社長


西岡 郁夫(にしおか いくお)氏プロフィール:1943年大阪生まれ。大阪大学工学部通信工学科修士課程修了。シャープ入社直後、新入社員のときに上司を説得して、回路の設計にコンピュータを活用する研究をスタートさせ、その実用化に成功して同社にコンピュータ利用技術を確立する。この功績で大阪大学より工学博士を取得するとともに、同社のCADセンター初代所長、コンピュータ・システム研究所を設立して初代所長、コンピュータ事業部長などを歴任後、92年にインテルジャパン(現インテル)取締役副社長に就任。93年に代表取締役社長、97年に会長を歴任し、99年に退職。NTTドコモ、みずほ証券、インターネット総研と共同出資でモバイル・インターネットキャピタルを設立して代表取締役社長に就任し現在に至る。




日本のパソコン普及に奔走


―――西岡さんは日本インテルの社長・会長を務められて、日本のパソコン普及に一役買われた方ですが、インテルに入社されるきっかけというのはアンディ・グローブ氏(インテル会長)自らが西岡さんをご指名された事だったと伺っています。当時、西岡さんとインテルの間にはどのような接点があったのですか?なぜ西岡さんをご指名されたのでしょう?

当時僕は、シャープのコンピュータ事業部長としてパソコン事業もその責任範囲でした。パソコン事業ではインテルの最新のMPU情報をいち早く入手して、その機能を最大限発揮できるパソコンを他社よりも早く開発するのが成功の秘訣だから、よくインテルに行って情報収集をしていましたよ。そんな時、インテルとの極秘の共同プロジェクトを獲得したのです。インテルが1990年にノートPC向けのi386SLという初のモバイル・マイクロプロセッサを発表するに際して、その特徴をフルに発揮してくれるノートPCを開発して、インテルの386SLの発表と同時に市場に同時に投入してくれるパソコンメーカーを探していたのです。日本の多くのノートPCメーカーを押さえて、その共同開発者に採用されたのは良かったのだけど、インテル側からは一方的な契約書を突きつけられた。これは良い勉強になりましたよ。インテルは別にゴリ押しをしようとしているわけじゃないわけで、こちらが承服できないことは堂々と反論すればいいのです。契約原文を平等な契約に集約して行く交渉は過酷なものでした。相手はリーガルの専門家を交えて5人、こっちは1人、しかも留学経験もない僕は短期の海外出張や国際会議での発表などで身に付けた英語でしたからね。大変だったけど、一切安易な妥協はしなかった。単語が思い出せないときは「こういうことを言いたいのだけど、英語でなんて言うの?」って交渉相手に単語を教えてもらったりして(笑)。ガンガンやり合いました。でも、こういう風にガンガンやり合う時もユーモアは忘れては駄目。仲良くガンガンやり合うことが秘訣です。生駒の保養所で土日の合宿をして最終合意に達したときは双方が肩を叩き合って「よし、一緒に頑張ろう」とプロジェクトの成功に向けて乾杯したものです。その交渉相手がアンディに僕を推薦したんだそうです。僕もコンピュータ事業をやっている人間として、インテルがどんな会社なのか興味があったしインテルで働いてみたかった。でも僕は半導体の専門家じゃなかったから、「日本インテルの代表に何故僕を欲しいんですか?」って、サンタクララのインテルの本社までアンディに聞きに行きました。アンディは「日本のパソコン市場を拡大したい。日本ではワープロが250万台も売れているのに、それよりも便利なパソコンが130万台しか売れていない状況をひっくり返したい。それをやって欲しい」と。それなら半導体の知識は関係ない、パソコンもワープロも良く知っているしパソコンのマーケティングなら自信がある。自分に向いている仕事だと思って、インテルに行くことに決めたのです。

この過程で二人の偉大な人間を知りました。僕を取るためにヘッドハンターを使わず、正面からシャープの当時の辻社長に話を通してくれたアンディ・グローブがその一人。そして二人目は、最初は「シャープに留まれ」と何度も長時間を掛けて僕を説得されたが、最終的には「分かった。頑張れよ」と経営幹部の前で僕の手を握って頂き、平和にインテルへ送り出して頂いた辻社長(当時)。最高級の上司に恵まれたのは今思うと幸せでした。


invenio menu icon続きを読む...


■関連用語
KFS
メタ認知
リーダーシップ理論の変遷

■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/236

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)