Leadership Insights / キャリア研修の研修設計について考える[会員限定]

キャリア研修の研修設計について考える[会員限定]

(2007年04月24日)

最近社員自身の能動的なキャリア構築への取り組みを目指して、キャリア研修を若手社員向けに導入する企業が増加している。私が所属する慶応大学藤沢キャンパスのキャリアリソースラボラトリーが2000年5月に創設されてから、ずっと取り組んできたキャリア自律というテーマが、社会に定着しつつあることは大変好ましいと思っている。世界の主要先進国のなかで、日本はホワイトカラーが自分自身のスキルアップのために使う時間とお金は最低レベルと言われている。変化が激しく、いつ誰の身にもキャリアショックが起こりえる時代、自分自身のキャリアについて、自分の問題として真剣に考えることが求められているのは間違いない。しかし一方で、実際に企業内で行われているキャリア研修の中身を見ると、これはちょっと違うんじゃないかと思われるものが少なくない。


invenio menu icon続きを読む...


■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/206

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)