Leadership Insights / 新入社員に5つの「癖」をつけさせる[会員限定]

新入社員に5つの「癖」をつけさせる[会員限定]

(2007年04月24日)

1年以上前だったか、弊社の顧問をしていただいている高橋俊介さんと、教育体系の見直し方について議論をしていたときに、若いうち、遅くとも新入社員~3年目くらいまでに、5つの癖を身につけさせる必要があるという結論に達した。

そのとき議論に出た、若いうちに身につけさせるべき5つの癖とは、

① 自ら勉強する癖
② 必要な情報を集める癖
③ 事実に基づいて考える癖
④ 問題・課題を発見する癖
⑤ 論理的にコミュニケーションする癖


である。それぞれが何故必要かは説明するまでもないと思うが、②だけは少し解説を要する。インターネットが普及し、検索エンジンが発達した今日、たいていの情報は簡単に集められるようになった。しかし、二次加工された情報も多く、加工された情報は必ず加工した人の主観や何らかの意図に基づいて加工されているので、利用時には気をつける必要がある。これだけ情報が氾濫していても生の一次情報は意外に少ない。②で言っている「情報を集める癖」とは、他人が集めてくれて加工してくれた情報ではなく、自ら情報源にあたって一次情報を集めるフットワークのよさを癖として身につけさせたいという事を指している。今回はこれらの癖をどのようにしたら定着させられるか、具体的なハウを考察したい。

invenio menu icon続きを読む...



■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/208

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)