Leadership Insights / リーダーシップ小児病につける薬[会員限定]

リーダーシップ小児病につける薬[会員限定]

(2007年03月15日)

昇進したばかりのチームリーダーにありがちなことだが、自分の率いるチームの利益を優先するあまり、組織全体が見えなくなってしまうことがある。
複数のチームで進めている大きなプロジェクトの進捗会議に、ある新任のチームリーダーが参加しているとしよう。会議の中で、プロジェクトマネージャから「Xチームのメンバーの1人が病気で欠けてしまった。君のチームでXの仕事を少し手伝ってやってくれないか」と頼まれたとする。
ベテランのチームリーダーなら、プロジェクト全体に与える影響をまず考える。そして、多少無理をすれば引き受けられそうだと思えば、「仕方がないですね。今回は協力しましょう。Xチームさんへの“貸し”にしておきます」と言って受けるだろう。
ところが新任のリーダーは、真っ先に自分の部下のことを考える。(部下たちに余計な負担は一切させたくない。部下を守るのが真のリーダーシップだ)。そして、「うちのチームは手一杯の状態で、とても受けることができません」と言って断ってしまう。
おそらく、百戦錬磨のリーダーからすれば、新任リーダーの行動は「リーダーシップ小児病」のように見えるだろう。

invenio menu icon続きを読む...



■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/188

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)