Leadership Stories / メンバーと本当の意味での相互信頼を築ければ好循環が生まれる[会員限定]

メンバーと本当の意味での相互信頼を築ければ好循環が生まれる[会員限定]

(2007年01月31日)
株式会社バンダイ
ガールズトイ事業部 ゼネラルマネージャー
入江耕氏
irie03.jpg
入江耕氏
株式会社バンダイ ガールズトイ事業部 兼 ガールズプロダクトプランニングオフィス ゼネラルマネージャー


入江耕(いりえこう)氏プロフィール:1986年株式会社バンダイ入社。2003年イノベイティブトイ事業部 ゼネラルマネージャー、執行役員。2004年ガールズトイ事業部 ゼネラルマネージャー。2006年ガールズプロダクトプランニングオフィス ゼネラルマネージャーに就任。


――バンダイという会社の商品はどちらかというと男の子に訴求したものが多かったようなイメージがあります。最近では女の子向けの商品も色々手がけていらして話題になっているようですが、まずバンダイの全体的な動きと入江さんのお仕事について簡単にお聞かせください。

ガールズトイ事業部というのが私の本職、一番中心となってやっているところなんですけれども、おっしゃるとおり、バンダイというのはもともと「男の子のおもちゃメーカー」のイメージがすごく強い会社です。ウルトラマンとか、仮面ライダーとか、あるいは何とかレンジャーみたいな戦隊ものとか、男の子向けのテレビ番組と連動したようなキャラクターを使った商品がバンダイの背骨となるビジネスになっています。ただ、昨今環境もどんどん厳しくなっていますし、我々も目指しているところは男の子だけではなくて、エンタテイメントの領域のなかで年齢層も含めて幅広いターゲットに対してしっかりアプローチをしていこうとしていまして、そこで、3年前に事業部の切り方というのをちょっと変えたんです。これからは女の子のこともちゃんと考えていこう、ということで、そのときにガールズトイ事業部ができました。女の子に対してのアプローチっていうのをしっかりやっていこう、そういう事業部が初めて出来たんです。ただ、事業部名にはトイとついていますけど、女の子って小学校入学したくらいから、もう全然おもちゃとかには興味がないんですね。おしゃれだとかファッションだったり、最近だとゲームだったり、ほしいものが全然変わってきています。ですので、トイといってもかなり拡大解釈していて、女の子たちが興味を持ったり、手にとって感動してもらえるようなものをトイと同等の役割を持つものとして、子供向けの化粧品だとか、そういうことも事業領域のなかに含めてスタートしました。

もう一つ、ガールズプロダクトプランニングオフィスというところも担当しているんですけど、そこはガールズの中でも特に上のターゲット、F1層といわれるような20代から30代前半くらいの女性に向けて、色々なものやサービスを提供していくという別なミッションを持ったチームで、大人の女性をターゲットにして活動し始めたところです。これまでバンダイが一番苦手としていたのは大人の女性なんですが、そこに向けてもこれからしっかりアプローチをしていこうとしています。


invenio menu icon続きを読む...


■関連用語
モチベーション理論
コーチング

■関連コラム

トラックバック (0)

invenio menu iconこのエントリーのトラックバックURL:
https://leadershipinsight.jp/mt/mt-tb.cgi/154

アンケートのお願い


ご意見・ご感想をお聞かせください

今後の執筆の参考にさせて頂きますので、ご意見・ご感想をお聞かせください。
また、今後扱って欲しい題材なども受け付けておりますので、自由回答欄にご記入ください。

  • 大変参考になったので是非続きを読みたい
  • 参考になった
  • 普通
  • あまり面白くなかった
その他 自由回答欄(*差し支えなければお名前もご記入下さい。)